256c | アドビちゃんの工程

making_0603

アドビちゃんの工程

2006年の3月くらいの絵を描く手順を載せているページです。
内容は古いのですが、何がしかの一助になればと思い公開しています。

絵の作成には「Photoshop Elements」というソフトを使用しています。
バージョン1.0なので、最新版とは表記やブラシ周りの使い勝手が異なる場合も。 その辺はご了承ください。

その1

アドビちゃん・その1

まずは下書き。

その2

アドビちゃん・その2

線を引きます。
個人的にインペリアルアローの先頭に来るくらいの苦境です。ファイトです→セルフ。
引く際のブラシは → エアブラシ(ペイント間隔1%、強さ100%)
【間隔】は低ければ低いほど【強さ】は高ければ高いほどソリッドな感じに。

その3

アドビちゃん・その3

パーツ毎に色を置きました。
ココまで細かくせずとも分けた色が重なり合わなければもっと大まかでもいいと思います。

色を塗りこんでいく際は、レイヤーメニューの左上のほうにある「ロック:透明部分」にチェックを入れます)
市松模様のようなアイコンの左隣をチェックすると、描画していない部分にはみ出なくなると思います)
以前は分けたパーツの上に新規レイヤー→「下のレイヤーとグループ化」としていました)

その4

アドビちゃん・その4

エアブラシ(ペイント間隔1%、強さ5~15%をメイン)で塗っていきます。
絵の見た目にも、作業的にも、ふわっと軽く塗るようにしています。

その5

アドビちゃん・その5

顔まわりの原寸。志村ー、マユゲ!マユゲ!

イヤーッ! でもよく忘れます・・・

その6

アドビちゃん・その6

線に軽く色付け。
部分的に線も塗りの一部にしてあげることで、親和性が増すと思います。
隣接した色に沿って、肌の部分には「茶っぽく」、服なら「やや青っぽい黒」。

以前ひとことメッセージで教えてもらったのですが、この作業は「色トレス」と呼ぶそうですヨ。

その7

アドビちゃん・7

行き当たりばったりですが背景を描きはじめます。
マユゲも粛清・・・もとい修正されました。よかったよかった(?)

今は背景を描くのであれば先に描いています(線→背景→人物の色塗り) 先に画面に色を置いたほうが、キャラにどんな色を与えれば良いのか判りやすくなる・・・かもです。

その8

アドビちゃん・8

もうちょっと塗っていきます。
足元のアレを描き込むか消すか迷いますが、断ちましょう。

その9

アドビちゃん・9

お花(!?)とか描き足しました。
服のエプロンっぽい部分は画用紙って設定なので、それっぽくして完成です。

おつかれさまでした。

■ home

▲ page top