256c | メモ - 2013年2月

メモ - 2013年2月

日々のよしなしごとを時々メモしていました。

0228

0228 無用なおさわりは厳禁です。ことうらさんのOP曲のコシコシコシって表現が気になるお年頃。何となくくせになる擬音だ。

0220

0220 ぶかぶかのソデを通したならばお化けごっこは避けて通れない道。 カイロ用ベンジンのキャップが閉まらなくなってしまったので、半年ぐらい更新が無かったらリアル炎上したと思ってください。 まっぴらごめんだ…

0219

0219 絵とは関係ないんですけど、イデオン第28話に出てくるスカラベリィの艦長さん、web上だと軒並み表記が「フ"レ"ンダリー・リミッター」に なっているのがちょっと気になる。音声と台本全記録の表記でも「フ"ラ"ンダリー・リミッター」なんだけど、 他の本だとフレンダリーになってるのもあったりで、どっちが正しいのやら。 ナーブル・ハタリみたいなもん??

0218

0218 イヌホフさんかわいい…ツインテの意匠といい何となくパピヨン系のフンイキ。 クルーのみんなもカーシャの吠えっぷりには「またかー」「はいはい」みたいな心持で流していたのだろうか。

0217

0217 ガチコは地味さと浪漫を同時に兼ね備えていて色々とズルいメカ。
みんスト配信中のキングゲイナーがおもしろかっこいいです。番組全体がお祭りみたいなフンイキ。 アナ姫様の基本ノブレスなんだけど、隠すつもりがまったくない子供っぽさがお気に入りです。 所作とかもなんですが、聞いたことを他の人にもペラペラ喋っちゃうところとかがホントおチビさんで可愛いなぁ。

0216

0216 やっぱデクさんかっこいいーということで発動篇メインパイロットたち。
時間的余裕が目減りしてるので、1月くらいからSAIの絵もほぼ原寸で描いてます。WEBに載せるだけだからこれで充分かなー。 何かしぃペインターで描きつめるような感覚はわりと好きかも。

0215

0215 気になるモブではあるものの、島田兵は一人見たら11人いるとも言うので多分別人説。 バッフ側にもたくさん在籍しているしなぁ。TV版だと千葉兵のほうが多めな感じがします。

0214

0214 死神ちゃんとおヒメちゃん。純白ドレスがスキなのは多分タクティクスオウガの影響。 純白ドレス着たおねえさまがたがビンタしあったり、純白のドレス着た女神様が戦場の敵を屠ったりするいいゲーム。

0213

0213 ハタリの扱いがたまたま不安定!これはオフィシャルで不安定だった。 たまたまなんだろうけど、ここまで綺麗に隠れすぎてるともう腹筋が大変。

0212

0212 ハタリの扱いがましまし不安定!履きっぱなしの悪い子は強制的に脱がします。 自分で書いておきながら靴下童貞って何なんだろうと思った。

0211

0211 「俺な、このレーダーができたらな、
 50万光年離れた君のハートをガッチリキャッチ(はぁと)
 とか好きな娘に言ってみたいんだよな…ふへへ…」
徹夜続きで謎の妄想にとりつかれてしまいました。ハタリの扱いがまたまた不安定!

0210

0210 久々に発動篇観たよラクガキ。ハタリの扱いがますます不安定!
カーシャがBメカ降りるとき、テクノさんと通信でちょっとしたお別れ会話とかしたのかなぁとか妄想が膨らんだり。 女らしくなったことに嬉しさと、なんだかよくわからん寂しさが入り混じったうんたらかんたら。

0207

0207 ディスコードなハーモニーでもいいじゃない、にんげんだもの。
イデオン配信のお陰で、この二ヶ月のあいだ真夜中のドキドキタイム(若干語弊)を過ごせました。

イデオン好きなのは群像劇ってところが大きいかもなので、最後の絵は全員集合で(おふたりさんは目線の先) 被写体深度を変えて観ると、感情移入もできればこいつクソすぎるだろーとも思えるところが個人的にとても魅力的なアニメだな~。 身勝手さまでもが愛おしくなるのは、ドロドロでもあるんだけど何かこう、人間愛に満ち満ちてるからかも。 人間臭さと靴下の臭さがスーっときいて…これはにおう。 キャラにただ科白を云わせるのではなくて、こういう状況下にあったらこういう事を口にするだろうなーってのを エミュレートした感のある、生っぽ~い科白になってるところもお気に入りです(これは富野アニメ全般に言えそうですが) 声優さんの演技も相まって感情乗りまくり。ゆえにリメイクだけは勘弁してほしい作品でもあります。 この辺抱いた感情がベイグラと結構シンクロしてるかも。あれも当時の巡り合わせで出来た結晶のような作品と思っているので、 最新のぎじゅつで作ってもあの時の繊細なバランスで宿ったソウルが変わったら元も子もないというか。

0206

0206 いまはおやすみ。みんなおやすみ。
シェリルとギジェのいいふんいきシーンはお酒の力が見せてくれた淡い逢瀬のようにも見えてしまうのが不思議です。 激しい戦闘が外で起こっているのに、ぼんやりとした寝起きのシーンが物悲しい。 でも夢現どちらであろうと、訪れた別れは変わらなかった。

0205

0205 「つらいところね…良いとき来るよ、ベス」って科白が好きなのよね。○○なのねって書くと富野さんっぽく見えるか またはただのオカマ口調なのよね。20話でカララの送迎&護衛にあたったり、メカマンなのに体張るよな~…じゃなくて、 わりとカララとの絡みがあったりするのと、39話のことを考えると上記の科白は結構複雑ですよな。

0203

0203 ブルーレイ発売記念のイデオン祭りに行ってきました。 製作陣のトークショーに加えTV版12話を銀幕視聴できるという、とてもイカしたイベントです。 メモリーも兼ねてまんが形式でまとめちゅうなのですが、正直人の顔覚えるのが苦手で(苦笑) トークゲスト陣のお顔や衣服があやふやLV99って感じなのが辛い。 とりあえず富野さんがとてもおもしろな御方だということは、イヤーッというほど判るひと時でした。 祖父が亡くなった位の年齢の方が、あんだけアグレッシヴとなー…

0201

0201 小説版では宇宙軍の起源は水軍にあるにょろ~みたいな記述があったような。 スカーフを後ろ襟からにょろっと出すように巻けばそれは恋人募集中の証。

このページの一番上へ